メタボ健診の診断基準・検査内容項目



メタボ健診義務化が2008年4月からスタートしましたが、メタボ健診の「対象年齢・検査内容項目・診断基準」はどうなっているのでしょうか?


 メタボ健診の対象年齢



メタボ健診(特定健康診査)は、「男女とも40~74歳(健康保険の場合、被扶養者含む)」の国民健康保険、健康保険組合などの医療保険加入者、全員が対象となっていますので、国民健康保険を運営する市区町村、各健康保険組合は対象年齢(40~74歳)のサラリーマン(被扶養者含む)、自営業者などに対してメタボ健診を受診させる義務を負っているのです!


 メタボリックシンドロームの基準



メタボ健診(特定健診)は40歳以上が対象ですが、年齢関係なく、まずはメタボリックシンドロームの判定基準は以下の通りとなっています。


メタボリックシンドロームの判定基準
検査項目 検査内容と数値
腹囲
お腹のサイズを実測し、脂肪の量を大まかに把握するための検査です。


腹囲が
男性 85cm以上
女性 90cm以上


上記、腹囲の基準に該当し、以下の3つの検査項目のうち2つ以上に該当するとメタボリックシンドロームと判定されます。

①血糖値
(高血糖)

糖尿病の判定に必要な指標として血糖値を測定します


空腹時血糖値が
110mg/dl以上
 
②高脂血症
(脂質異常症)

肥満や動脈硬化などの病気を診断するためにコレステロール値を測定します


中性脂肪が
150mg/dl以上

 または

   HDLコレステロール40mg/dl未満

③高血圧
高血圧かどうかの診断を行うために血圧を測定します


収縮期血圧(最高血圧)
130mmHg以上

 または

   拡張期血圧(最低血圧)
85mmHg以上



 メタボ健診の検査、内容項目と診断基準



メタボ健診(特定健診)は以下の項目において検査され(メタボリックシンドロームの判定基準と多少異なります)、検査結果によって「動機づけ支援・積極的支援」に分類され、どちらかの支援の対象となった場合は個別に医師、保健士、管理栄養士によって「面接・メール・電話・FAX・手紙」などのサポート(食事・運動指導)を受けながらメタボ解消を目指していく事となります。


メタボ健診は単に結果が出るだけでなく、メタボリックシンドローム(予備群含む)と判定されればメタボを解消するために保健指導を受けなければならず、その結果、メタボを解消し、生活習慣病を予防、対策する事が最も大きな目的となっているのです!


メタボ健診の指導基準
検査項目 検査内容と数値
腹囲&BMI
腹囲()が

男性 85cm以上
女性 90cm以上

に該当すればA

腹囲の基準値に該当せずBMIが25以上であればB

①血糖値
(高血糖)

空腹時血糖値が
100mg/dl以上
 
または

HbA1c5.6%以上

②高脂血症
(脂質異常症)

中性脂肪が
150mg/dl以上

 または

   HDLコレステロール40mg/dl未満

③高血圧
収縮期血圧(最高血圧)
130mmHg以上

 または

   拡張期血圧(最低血圧)
85mmHg以上

喫煙習慣
血糖値、血圧、コレステロールの中で1つでも該当すれば支援基準の対象になります。


腹囲は一般的に測られているウエストのサイズではありません。メタボ健診の腹囲は基本的にお腹の1番細い部分ではなく、1番出ている部分を測定します。


メタボ健診によって以下に該当すれば指導の対象となります。


特定
保健指導
指導内容
動機づけ支援
Aに該当
+①~③いずれか1つ該当(喫煙なし)

Bに該当
+①~③いずれか1つ該当(喫煙関係なし)
+①~③いずれか2つ該当(喫煙なし)


生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合った目標を設定し、実行に移せるようなきっかけ作りを財団保健師がサポートします。

積極的支援
Aに該当
+①~③いずれか1つ該当(+喫煙あり)
+①~③いずれか2つ以上該当(喫煙関係なし)

Bに該当
+①~③いずれか2つ該当(+喫煙あり)
+①~③3つ全て該当(喫煙関係なし)


生活習慣を振り返り、ライフスタイルに合った目標を設定し、実行を続けられるように財団保健師が継続的にサポートします。



65歳~74歳の方は積極的支援に該当する方でも、動機づけ支援になります。


上記の通り、「腹囲・BMI」が基準値をオーバーしているだけでは保健指導の対象にはなりません。


メタボ健診で保健指導の対象となるのは、腹囲、BMIの基準値をオーバーし、なおかつ「血糖値・高脂血症(脂質異常症)・高血圧」の項目で1つ以上該当した場合のみなのです。


 BMI(ボディ・マス・インデックス)の説明



メタボ健診の検査項目にもある『BMI(ボディ・マス・インデックス)』とは、肥満度を表す指標のことで、一般的に以下の通り計算されます。


・「体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}=BMI


例えば、「身長170cm/体重65kg」の場合・・・


・「体重65÷(1.7×1.7=2.89)=約22.5


となり、このBMI数値が25以上だとメタボ健診の最初の項目に引っかかる事となるのです。


ちなみに日本人の場合、「BMI22」が男女とも標準的(病気になりにくい)な数値だとされており、BMI数値によって以下の通り判定されています。


BMI 判定
18.5未満 痩せ
18.5~25未満 標準
25~30未満 肥満
30以上~ 高度肥満


 BMI・腹囲でひっかからなくても注意!



腹囲の基準値を超えなくてもBMIが25以上であれば保健指導の対象になる可能性があります。


またBMIで痩せ「18.5未満」でも、血糖値、高脂血症(脂質異常症)、高血圧のいずれかの数値がメタボ健診の基準値を超えている人が4人に1人(約25%)いることが日本医療データセンターが2006年4月~2007年3月(30~59歳の男女5万2,265人)を対象とした解析で判明しました。


~血糖値、高脂血症、高血圧のいずれかがメタボ健診の基準値を超えた割合~


・BMI/痩せ:「25.6%」
・BMI/標準:「51.3%」
・BMI/肥満:「81.6%」


上記の通り、見た目(腹囲)、BMIが痩せていてメタボ健診には引っかからなかったが、血糖値、高脂血症、高血圧いずれかがメタボ健診の基準値を超える人は指導の対象にはならなかったからといって治療、対策をしなければ取り返しの付かない事になる可能性がありますので注意が必要です!


 メタボ健診に引っかかる割合と目標



上記の通り、メタボ健診(特定健診)の判定は厳しい?ので、メタボ健診が始まった2008年には男性は2人に1人(約50%)、女性は5人に1人(約20%)、男女合わせて約2,000万人がメタボ健診に引っかかる、いわゆるメタボリック症候群(予備群含む)と診断されると予想されていました(実際の該当者数は受診率が低かったので不明)。


しかし国(厚生労働省)はメタボ健診によって2012年度(平成24年度)までに10%、2015年度(平成27年度)までに25%、メタボリック症候群(予備群含む)を減少させる具体的な目標を立て、この目標が達成されれば、医療費が約2兆円削減できると見込んでしましたが、実際にはメタボリック症候群(予備群含む)の割合はほぼ横ばいで、医療費は年々、増加しています( ´△`)


また政府は以下の目標も掲げていますが、果たして目標は達成されるのでしょうか?


2020年までにメタボリックシンドローム(予備群含む)該当者を25%減


2020年までにメタボ健診(特定健診)の受診率を80%以上に(始まった2008年度は38.9%、2014年度は48.6%)


ちなみに2014年度のメタボ健診(特定健康診査実施状況)のデータは以下の通りとなっています。


2014年度(平成26年度)のメタボ健診のデータ
メタボ健診対象者
(40~74歳)
約5,385万人
メタボ健診受診者 約2,616万人
(受診率:48.6%)
メタボリックシンドローム
該当者数
約377万人
(割合:14.4%)
メタボリックシンドローム
予備群者数
約308万人
(割合:11.8%)
特定保健指導対象者数 約440万人
(割合:16.8%)
特定保健指導修了者数 約78万人
(割合:17.8%)


上記2014年度のデータでは、40~74歳のメタボリックシンドローム人口は約685万人(該当者377万人+予備群308万人)となっていますが、メタボ健診対象者のうち半数以上の方がメタボ健診を受診していないので、実際にはこの倍以上、約1,500万人ほどの方がメタボリックシンドローム(予備群含む)だと考えられますね。


また特定保健指導の対象になっても、実際に特定保健指導を修了した者の割合が17.8%と、かなり低いのも気になりますね。。


 メタボ健診見直しへ



2008年から始まったメタボ健診制度ですが、当初から問題点が指摘されていました。


例えば腹囲、BMIの基準値以上でなければメタボ健診の保健指導には引っ掛かりませんが、実際には腹囲、BMIに関係なく生活習慣病を発症することも多いので意味がないなど。。


そこで現在のメタボ健診(特定健診)を見直し、腹囲、BMIに関係なく、「血糖値(高血糖)・高脂血症(脂質異常症)・高血圧」の検査結果を重視した新しい健診制度を2018年からスタートする見込みとなっています。




スポンサードリンク

メタボリック健診について

関連ニュース

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月22日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 メタボリック検診ガイド. All rights reserved