厚生労働省のメタボリック検診義務化がスタートしました!

当サイトでは2008年(平成20年)4月1日からスタートしたメタボ検診の義務化内容、料金(自己負担額・医療費控除)、対象年齢、診断基準、検査内容項目(腹囲・BMI・血糖値(高血糖)・高脂血症(脂質異常症)・高血圧)、ペナルティ(罰金・罰則)、Q&Aや、メタボリックシンドロームと関係の深い体脂肪率、内臓脂肪率、生活習慣病について説明しています。

近年テレビや日常生活でも「メタボ」という言葉は頻繁に聞くようになりましたが、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)は単に「太っている(肥満)」と勘違いされている方が非常に多く、生活習慣病の元となる危険な状態だと認識されている方は非常に少ないのが原状のようです(すでに生活習慣病なのです)。

しかし日本ではメタボという響きがどこかカワイイ?感じがするためか、メタボリックシンドロームはそれほど深刻な状態だと思われていない方も多く、さらにまだ始まったばかりなのでメタボ検診の内容について分からないこと、疑問に思っていることも多いと思います。

そこで当サイトではメタボ検診について出来るだけ分かりやすく、具体的に説明していますので、これから受診する人はもちろん、メタボリックシンドローム、生活習慣病が気になる人も参考にしていただければと思います。

メタボリック検診について

関連ニュース

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成28年7月11日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2016 メタボリック検診ガイド. All rights reserved